制作期間は正味約5ヶ月。2001年2月のVF-231ブラックライオンズの101機ライオンヘッドを再現した。妥協点は2つ。垂直尾翼上部の3面はキットのモールドを残した。またイエローハンマーのデカール色と塗装色が近すぎて見えなくなってしまったため、他機のBureauナンバーを採用した。
主な改造点はパネル全面の筋彫り、リベット打ち、F-14AからF-14Dへの変換(コックピットとエンジンとポッドの換装)、離陸時を演出するためフラップとスラットの切り離し、エアーインレットを絞り込み型に変更などである。実機の汚しを研究し、ウエザリングには特に力を入れた。

It took about 5 months to complete this 1/32 F-14D aircraft. I built the VF-213 Black Lions NF101 "Lion Head" in February 2001. I compromised on two points, namely I modified only one of the four faces of the vertical fin. Also, the paint was too dark to see the number on the decals so I used different decals for that Bureau numbers.
The main challenges were scribing all panel lines, putting revet marks, converting to the F-14D from F-14A( modifying cockpit and engines), scratch-building flaps and slats, and scratch-building the air-inlets. I also focused on the weathering by studying the real thing..
English text on Day 1-6 edited by Gernot Hassenpflug